経理に関する考え方の大きなギャップ

SEとして派遣で働いてきた人は独立してフリーエンジニアになってもそれほど仕事に変わりはないだろうと考えるでしょう。
実際に請け負える仕事について見てみると、業務委託を受けて現場で常駐して働くというスタイルを取っている限りはそれほど大きな違いはありません。
フリーエンジニアになることによって受けられる仕事の種類が増えやすいことや、実力を評価されて報酬が高くなりやすい傾向があることは魅力になるでしょう。
しかし、独立してみると大きなギャップを感じることになるのが仕事以外の部分です。
特に経理についての意識の持ち方には大きな違いがあり、ほとんどの経理業務を派遣会社が行ってくれていた状況から自分で全てを行わなければならなくなります。
独立することの意味をその時点で認識するSEも少なくありません。
出納管理を自分で行って、年度末には確定申告を行わなければならないとぎりぎりになってから気づく人もいます。
何を必要経費にするかについて学び、青色申告の書き方や複式簿記の方法を覚えて節税するということも重要になるでしょう。
それが大変に感じられて税理士に全てを一任するというSEもいます。
プロに任せてしまえば節税をほぼ完璧な形で行ってくれると期待できるのは魅力的な点でしょう。
独立して余力が出てきてから自分で行うようにするという人もいますが、概して個人でありながらも一事業主になったという点に気づかずにギャップに感じられやすいのです。

おすすめ記事

タグ

カテゴリー