生涯に渡って働きたいSEの独立

生涯に渡って働き続けたいSEは独立するのが最も良い選択になるでしょう。
個人事業主になれば定年は存在しないため、何歳になっても働くことができます。
派遣で働くことにより予め人脈を広げておくと理想的なキャリアパスを描けるでしょう。
SEが独立したときに問題になりやすいのはクライアントを獲得することであり、信頼関係を築いて繰り返し仕事を依頼してくれるクライアントがいれば長く働き続けることができます。
そのためには営業をしっかりと行わなければならないものの、既にフリーエンジニアの出入りがある企業をクライアントにするのは困難になりがちです。
重要なのは派遣で人を集めているような企業にコネクションを作っておくことであり、そこで有能なSEだという認識をしてもらえていれば独立したときに営業に行けば仕事を任される可能性を切り開けます。
派遣で働いていると60歳前後で定年を迎えてしまうことになりますが、そこで作った人脈を使って独立して仕事を探せば定年後の年齢になっても職場を見つけやすくなるのです。
生涯に渡って働き続けたい人のキャリアプランとして、正社員として企業に勤めてスキルと経験を獲得し、派遣社員になって人脈を広げ、最終的には独立してクライアントを獲得するという方法を考えると成功できる可能性が高くなるでしょう。
定年を気にせずに働きたいSEへの参考情報:『派遣から抜け出してフリーエンジニアへ

おすすめ記事

タグ

カテゴリー